2007年11月アーカイブ

クライアントから文字コードUTF-8でメールフォームのページを作ってくれ、と言うことでPHPでざくっと制作。
セキュリティ上こちらはサーバにアクセスできないので、ファイルをあずけてアップロード~テストはクライアントに確認してもらい、OKが出たのでひとまずそのまま公開。
ところがしばらくして、日本語を送信すると文字化けするとのお知らせが入る。

まあmbstring系の問題だろう、とphp.iniの設定を依頼してもらったところこんな設定になっていましたと。

mbstring.language = Japanese
mbstring.internal_encoding = EUC-JP
mbstring.http_input = auto
mbstring.http_output = SJIS
mbstring.encoding_translation = On


PHPのマニュアルにも同じような設定が載っているので、おそらくそれに合わせたんじゃないかと思われますが、、
これではencoding_translationでパラメータがEUCに自動変換されちゃって、UTF-8を想定して書かれたコードでは化けるわけです。

コードの記述を制限してしまうencoding_translationなんて効かしておく必要ありますかね?
自動変換されるより、自分で文字コード意識しながら書いたほうがよっぽど分かりやすい。

結局、.htaccessを追加で上げてもらって、とりあえず文字化けは解決しました。

php_value mbstring.language Japanese
php_value mbstring.internal_encoding UTF-8
php_value mbstring.http_input pass
php_value mbstring.http_output pass
php_flag mbstring.encoding_translation Off

PHPのheader関数でページをリダイレクトさせようとしたところ、

"Warning: Cannot modify header information - headers already sent by ~"

のエラーが出てうまく処理がされません。
出力ヘッダに何かごみが入ってるのだろうとソースを探るも、どこにもそれらしき記述は一向に見当たらない。

<?php
  header ("Location:http://www.hoge.com");
?>

気を取り直してこんな最小限のソースで動作確認を試みるも、それでもエラーは消えず。
こんなソースに何がいる!?

その後もいろいろと試行錯誤の末、文字コードをUTF-8にしている時に出るということにようやく気づきました。

私は開発にEmEditorを使用しているのですが、このソフトがUTF-8保存時にデフォルトで付けてくれているBOMが怪しいようです。
BOM無しで保存し直したら、今までの苦労がバカのようにあっさりとエラーは消えました。
BOMが付いていることでマークがテキストの先頭に必ず含まれるため、出力ヘッダに入り込んでしまっていたようです。

・UTF-8(Wikipedia)

あまりにも不可解だったため、もうバッファで処理しようか、リダイレクトやめてページをincludeして済まそうかと何度も妥協しかけましたが、根本的解決にいたってスッキリしました。

13日~14日と出張で種子島へ出かけてきました。
仕事でも無ければ一生のうちで行くか行かないか分からないような所なので、貴重な経験でした。

思っていたより暖かくはありませんでしたが、滞在中は気持ちの良い好天に恵まれ、
仕事とはいえ普段の都会生活から離れてリフレッシュできました。

予想以上に作業が順調に済んだことで、思いのほか少し時間ができたのですが、
全く島の情報を事前に調べていなかったので、見るべき所も分からず何となく過ごしたのは少々反省点です。

とりあえず、種子島に2日間いて思ったことのまとめ。

・食事にボリュームがある
1日目のお昼に中種子(これで“なかたね”と読む)の辺りで適当に入った定食屋さん。
そこで食べた「鶏唐揚定食」の肉のボリュームはすごかった。普通のお店の2~3倍はあろうかという骨付き唐揚が5つものっていて、全部食べ切るのに一苦労しました(味も結構イケてます!)。
夜、ホテルのレストランで食べた黒豚の焼肉定食もなかなか量が多かったので、この量感が種子島標準なのかなぁという印象でした。

・コンビニが無い
島の中央~南端にかけてを回りましたがメジャーどころのコンビニは一軒も見かけませんでした。
「アイショップ」というそれらしい店も見かけましたが、あれはコンビニでは無いですよね・・・。

・とにかくさとうきび畑
どこを走っていても、ふと気が付くとさとうきび畑に囲まれています。
人よりも高い背丈があるし、先が見えないくらいにそれぞれが密接してぎっしり生えているし、ものすごい存在感でした。
そういえば、ホテル近くの食料品店でさとうきび(と思われる)の皮をはいで束にしたようなものが置いてありましたが、あれは一体何だったのでしょうか?

・砂浜が白い
海が青くて、砂浜は白くて、やっぱり海辺の景色はとても素晴らしかったです。
私の実家の方にある海岸はどこも黒っぽいタイプの砂浜なので、白い砂浜は余計にきれいに見えます。

・鉄砲はあまり売りにしていない
種子島と言えば“鉄砲伝来”と習ったイメージが強いのですが、鉄砲的なものは飛行機を降り立った時に見た「おじゃりもうせ」の幕の隅っこにかかれたイラストのみで、あとは一切それらしきものを目にすることはありませんでした。
物騒なものなのであまり前面に押し出してないとか?ちょっと意外でした。

※あくまでわずか2日間過ごしただけの感想なので、誤解がありましたらすみません。


千座の岩屋
千座の岩屋

種子島宇宙センターの宇宙科学技術館
種子島宇宙センターの宇宙科学技術館

JAC Q400(鹿児島~種子島間の飛行機)
JAC Q400(鹿児島~種子島間の飛行機)

もう3日前の話になりますが、奥さんの実家の近所にある桐生が岡遊園地・動物園に行ってきました。
桐生が岡遊園地・動物園

桐生市が運営している施設なのですが、なんとここは入場料が無料!(遊園地の乗り物は有料)
しかし無料だからといってなかなか侮れません。動物園にはライオン、ゾウ、キリンなど無料とは思えない充実したラインナップが揃い、遊園地はココリコ・田中直樹主演のドラマ「未来遊園地」の舞台となったことで、俄然注目を浴びているようです。
未来遊園地

生まれて初めての動物園に息子は興味津々。
新たな動物と出会う度におりを握り締めてじーっと観察に耽るのでした。
数ある中で、一番喜んでいたのは意外にもアヒル(笑)。
「がーがー」と楽しそうに声まねしておりました。

いやー動物園って楽しいですね。一人だったら一日中でも見ていられます。
のんびりした動物たちにすっかり癒されました。

ペンギンを見る息子
ペンギンを見る息子

キリンを見る息子
キリンを見る息子

仕事で浅草の方にでかけたので、作業終了後に浅草寺~仲見世あたりをぶらぶら。
半年位ぶりに来たので、前回来た時は改修工事でほとんど隠れていた宝蔵門がリニューアルした姿を見せていました。

今回の改修工事で注目だったのは、宇都宮の「カナメ」社が開発したというチタン製の瓦への葺き替え。
いつか読んだ週刊アスキーで、屋根の施工面積1080平方メートル、その費用に約7200万円かかる云々といった記事があり、規模の大きさにたまげたことがありました。

実際に今日見た感じでは、結構渋い色合いで落ち着いた印象でした。
何でも浅草寺向けにツヤ消し加工も施されたカスタマイズ瓦だったようです。

チタンはその強度に反して非常に軽い素材だそうで、今回のチタン化によって重量を以前の8分の1まで減らせたのだそうです。
あれだけ観光客で賑わう名所ですから、近い将来起こりうるだろう大地震での事故に備えることを考えれば、お金に代えられない工事だったのでしょうね。

こちらのカナメ社の工事レポートは面白かったです。プロジェクトXです。
浅草寺 チタン屋根工事レポート

宝蔵門
宝蔵門。携帯で撮ったら写真ちっちゃいな・・・。

このアーカイブについて

このページには、2007年11月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2007年10月です。

次のアーカイブは2007年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

RSSフィード

  • 購読する

いろいろ

あわせて読みたい

フィードメーター - ポップフライ

seo

Powered by Movable Type 4.01